首前立腺極太睡眠

先日,ボルチモアで開かれたアメリカ専門睡眠協会年報道、付け根の子は睡眠呼吸呼吸など睡眠問題が起きやすいということです.アメリカの研究者によって、いち歳からじゅうはち歳の子供は研究し発見して、4割近くの太った子供が、いびき睡眠呼吸中断、眠気などの問題.腰とヒップの割合は相対的に、首の太さと子供は酸素に対して彩度に彩度、彼らの睡眠中に呼吸問題が発生することを意味します.首の多くは太く短く小さな子供胖墩、彼らは寝る愛いびき,前立腺、いびきが原因と扁桃腺の様子や体の増殖肥大、懸壅垂肥大、軟口蓋肥大低く垂れて、舌体肥大などの関係.これらの原因で子供気道が狭く、夜間に深い睡眠時神経興奮性が低下し、筋弛緩、咽頭軟部組織渋滯気道、深刻な現れ呼吸
.呼吸が常に頓挫し、子供は常に睡眠状態にある.子供は昼間につながる眠い、学習成績が下がって、いらだたしくて怒り、食欲減退、重症を引き起こす成長発育などの症状は、体が遅い.早期、単純ないびき表現もいびきが鳴って、息が詰まると呼吸を伴う.普段は観察、治療は必要ない.もし子供がいびき、息が詰まるなどの場合、早期に子供連れで正規病院耳鼻咽喉科、睡眠モニタリング検査.睡眠呼吸障害の場合は最もよくある扁桃腺あるいは腺のような肥大,簡単な手術を通じて摘出することができ、根治する.