頻尿について紹介する

頻尿は普遍的な話題だと言えます。もちろんここで言った頻尿は水を飲むのが多すぎることによるではなくて、排尿が少ないの状況の下で、依然としてときどき多く排尿します。量が少ないが、回が多いという特徴があります。頻尿は排尿する回数が増えることを指します。しかし総排尿量があまり多くありませ ん。排尿の回数が多くなる病状です。正常な成人が排尿する周波数が一般的にが昼間の3~5回で、夜間の0~1回、毎回の量は約200~400mlです。

頻尿の原因としては,水分過剰摂取,尿崩症,糖尿病,原発性アルドステロン症、膀胱炎、間質性膀胱炎、放射線性膀胱炎、神経性頻尿などがあります。排尿量は 水の量、気候と個人習慣など原因である程度を変化します。そのため頻尿は虚弱体質の症状です。養生が必要です。植物の有機活性の塩基に富む食品を多く食べ たほうがいいです。少なく肉類を食べて、多く野菜を食べてください。

即効性のある部位麻酔効果のある薬を含んでいるため、ペニスの感覚神経を一時的に鈍く、性的な刺激をあまり感じなくなります。早漏になるのを有効的に防ぎ、性交時間の延長が実現するのです。

いかは頻尿の症状とそれに伴い表現を紹介します。頻尿が2種類の情況があります。
排尿する回数が増えますが、でも、毎回の量が正常です、そこで終日総排尿量は増えます。糖尿病、尿崩症、急性腎臓機能不全の多尿期などに見えます。その他は、排尿する回数が増えていますが、毎回の量が減らします。あるいはイタリアに小便をする尿液が決して排除しません。

この種は以下の点が見えます。
1、 膀胱あるいは尿道が刺激を受ける
膀胱、後部尿道炎、膀胱結核あるいは結石です。その中の膀胱が結核する時に、頻尿の状況の持続時間はとても長いです;
2、 膀胱の容量が減少する:
膀胱の内の局在欠損、結核性の痙攣する膀胱あるいは妊娠の子宮、子宮筋腫を見えます。
3、 下部尿路は邪魔することがあり:
前立腺増殖症、尿道狭窄などに見ます。 一般的に排尿がちょっと困難です。排尿するのが苦労して、射程は短縮して、力を発射して弱くて、あるいは尿線が中断します。
4、 神経細胞性膀胱:
神経系統疾病によって膀胱機能を正常でなくならせます;
5、緊張していて、焦りあるいは怖がっています。