貝母の前立腺機能の主治医と薬理作用はどれらがあります

貝母をユリ科の植物川貝母、暗紫貝貝貝、甘粛,前立腺、シャトルの砂の乾燥鱗莖、肺を潤すことをひたすら咳止めの伝統漢方薬.前三者は,松永と靑と呼ばれ、後者は炉貝という」.貝母の別名:虻(『詩経』)、黄虻(『パイプ』)、イチビ(『爾稚』)、貝、空草(『本経』)、貝親、薬の実(『广雅』)、苦しみの花、苦い、まめ母(『别录』).

バイモ始積み《神農本草経』に、背負っ.陶弘景曰:ポリ贝子のような形で、だからバイモ.苏恭曰:その葉にんにくよう、四月ニンニク熟する時採の良さ…….润州、荊州、襄州者ベスト.『本草綱目拾遺』は貝母と浙贝明確に分けて言う、貝母の味の甘を補って、咳は貝母を宜内傷.

p>貝母の機能<主治医

を下げて肺を潤すこと、痰咳を止める.肺熱に乾燥し咳をして、空咳少ない痰、貧血状態労から血を持って、喀痰.機能治虚労咳、痰を吐く喀血、度量鬱街、肺痿、肺痈、喉痹、乳痈.

貝母の薬理作用

本味わう苦しみ,性肌寒い、帰肺经は、熱を下げて痰咳止めの功の治療に用い痰熱せき、喀出黄稠之証;また兼甘味、故に善く肺咳止めを潤すこと、肺の痰咳をして治療が少なくて接着の証、や貧血状態乾燥し咳をして労から虚弱症などがあり、また散結開郁之功痰、互いに結びによる治療熱息苦しくいらいらの証、及び瘰癧痰核などの病気.また、川貝とイカ骨、甘草を粉末、すなわち烏貝散、胃潰瘍の治療効果.