男性ホルモンと早漏

男性の性生活の悩みは多分早漏ではありませんか。

男性早漏は加齢によってなることがあります。

その早漏原因は加齢による男性ホルモンの低下にあります。

男性は、年齢が上がるにつれて男性ホルモンの分泌量が低下します。

以前で30代からなる人もおりますが、大半を占めるのが40代~50代の間です。

セックス時男性ホルモンが低下すると、精力減退などによって十分な勃起ができなくなってしまいます 。勃起障害、勃起不全といわれます。

それによって射精をコントロールする射精筋肉が弱ってしまい、意識とは関係なく射精してしまうのです。これを"衰弱性早漏"と言います。

対策として、男性ホルモンを補う必要があります。

その為、いろいろな早漏防止薬を出現しています。

しかし、意外に感じるかもしれませんが、糖尿や泌尿器系の疾患によって早漏になる場合があります。

特に、前立腺の炎症や慢性尿道炎、尿道感染症によって、性機能が低下し早漏になるリスクが高まるのだそうです。

この場合は、疾患を改善する事が一番重要です。

もしそういった病気がある場合はそちらをまず治しましょう。



引用される文章はこちらへ: