男性の前立腺夏季の養生必知六詳細

Pはいらだたしいが常に心に関係

について

漢方医は、心に対応の夏、夏の陽が最も心旺盛,人々はきわめて容易出現心落ち着かない、怒りっぽいなどの症状.だから、夏は特に重視して心臓に養護、牛乳飲んで、多く食べて豆製品、鶏肉、赤身など,前立腺、ふだん多く野菜を食べて、果物や雑穀を保ち気持ちいい.

P早起き早起きP

が、夏は夜明けが早い、人々は早く起きて、晩に対して寝るのが遅くて、容易に睡眠不足ため、増昼寝.昼寝の時間は人によって、普通は半時間~1時間で宜.できないことについて昼寝をする人にとって、昼は頃には音楽を聴いたり目を閉じて静かに休んさんじゅう~ごじゅう分.

p>に稀食<多利補い

p>もはいって稀<食は夏食養生の重要な方法、例えば朝食と夕食飲むの粥、昼食時にスープ.お粥を作る時にいくらかのハスの葉では、暑さを解消、胃をかう整腸、唾液の分泌を促進して渇きをいやす作用;粥を煮る時にいくらかの緑豆又は単リョクトウでスープを作って持って暑気を払って、渇きをいやして、解熱解毒、唾液の分泌を促進して利尿作用.

pは、栄養を補充してカリウム

を補充しますいつも注意

に追加するいくつかの栄養の物質、例えばトマト、ピーマン、冬瓜、ヤマモモ、メロン、スモモや新鮮な野菜の;補給水と無機塩、特に注意カリウムの補充、豆類及びその製品、シイタケなどたくさん食べて、熱を下げて利湿作用の食品、例えばスイカ、ニガウリ、桃、ウメの実,シアリスのジェネリック,イチゴ、キュウリなどタンパク質;適量を補充して、例えば魚、肉、卵など.

によって、果物<P>によって果物

を選んだ

は胃腸のよくない人にとって、最良の選択温和の果物、あまり甘くてもあまり酸.びくびくして冷たい体質や胃は冷たくて、胃潰瘍の患者さんは、最も少なくスイカ、マクワウリなどの寒い食品.

冷蔵庫内で食べ物を取り出して食べないで

P胃腸は強い低温刺激を受け、生理機能障害を招いて.人の胃腸の温度は普通は36℃ぐらいで、ちょうど冷蔵庫から取り出した食べ物はに℃~はち℃ですが、しばらく食べて、しかも一回を食べすぎない、特に高齢者、及び慢性胃炎、消化不良の人はもっと注意するべき.