消防演習

午前中、先生は私たちに午後、消防演習、昼ごろ家に帰るクラスメートはタオルタオルを持ってきて、

は、午後、消防演習、午後帰宅のクラスメートはタオルを持ってきて.午後、2の授業に終わり、先生はタオルのクラスメートとトイレに行って、タオルを濡らし、タオルのない生徒はティッシュを取り出し、先生が言ってた

と聞いた.私は私は他のタオルの学生の学友に行ってタオルを濡らして、タオルを濡らして、タオルは私たちは教室に帰って、しばらくして、先生は23課が字を書くことを言っていて、老師は書いていない

は書き終わって

はありません私は、私は字を書くには、私は、彼女は、本、本を読んでいる人は、本を読んでいる、ということは、本を読んで、男性は、いくつかの日本語を書く、には、

は、いくつかの日本語の勉強、書かれている.もうちょっと警報が出ていると、タオルやティッシュから下の校庭の芝生には集合、

は、警報音がしているということです.

先生話はどのくらい聞く人を聞いて下にマイクを持っては火事が起きて、そして聴くサイレン、私のクラスの先生とクラスメートが急速に走っていって、私は発見して、ある人は鼻を覆って、ある人は鼻を覆って、ある人は笑って、他のクラスの人も続々と芝生まで、私たちのクラスもグラウンド

芝生など、すべての人は芝生の上には体育先生人数人数点検、点検が良くなったら、あの体育の先生は言いましたどれらのクラスは何分数秒は全て芝生、私たちの表現は非常に良い、従来よりすぐに多い、続けて、終わってから私たちはそれぞれ回クラスで、消防演習も終わった.

今回の消防演習で、命を大切にすることが分かった.

は、命を大切にすることが分かった.

事の作文を書くことを標に入る事の作文を書くことを大全:http ///xiaoxuezuowen/xieshi/