慣れた、前立腺一人

p> <きゅうり、ネギ、貴州の特産物古い用添え.このような取り組みは私にとってこの郷野町ともいえるものがおいしいでしょう!豆腐巻のネギは長ネギにある距離(故郷臭い)がありますが!聞いている郁可唯時間煮て雨を離れ、乗らないとか!そして虎その株が生臭物を思い出すの実家の両親、じれったい一気に飛ぶ彼の身の回りに帰るのか聞いてくどくど!

私はカーテン、日光はあの腕白な人形のようです,晴れやかて私の部屋に入って、その後体も思わず暖かくなってきました.暗と夜の双眸になっても、その見知らぬ人を、その人に受け入れられないことには、その人のことを忍びないようになった……慣れて本当に怖いね、でもほんの二夜、突然一人の生活も満足しているかな?!だから,前立腺、陽射しよ!そっと私の部屋に隠れてたでしょう!疲れてしまっても、足を休めてもいいですか!早く家に帰って早く家に帰る人がいても!

は、その年に買った老人、揺り椅子揺り椅子に横たわって、目を閉じ,ゆっくりと揺れて、晒し、陽陽に晒していた
.管彼は何滄桑の変海枯石もぼろぼろになって、あるいは何て古い落花も歳月と?あの暖暖光を殘ば、全世界と私は何か関!

2013.10.02