小さい傷口は前立腺直接的に巻いている

p〉〈時は> <◎傷を癒して期  気をつけて手で感染を起こし
手手腕足に足をぶつけてもヤンチャの子供たちにとっては常だが、傷口が大きくなければ、包帯は必要ない.多くの親が聞く.

はこれに対して、鄭州市緊急医療救援センター特勤大隊主任燕重远主任によると、分次第.皮膚が破損程度は大きくなくて、ただ小さな擦り傷や裂傷あるいは軽度のヤケドして、直接傷傷ついて部位に暴露します;もし顔面部も、普通は直接明らか傷.もし子供がけがのは掌、足などの摩擦の部位、あるいは傷口がとても深くて、子供はまた比較的に活動して、家長はあまりにも多く時間を配慮するならば、消毒ガーゼは傷口に巻くことを提案することを提案します.

に一部の子供たちが傷を癒して後期掻痒ので、思わず捕まえ傷傷傷による出血や結果による遅延し、甚だしきに至っては连続傷口の感染が目立って瘢痕形成.は取り替え包帯、タイムリークリア痂皮外も手外用消毒水例えばアルコール、ヨードフォア塗擦傷口は、ある程度緩和掻痒.

p〉〈時は> <◎救急教室  傷口によって 処理方法によって

燕重远主任によると、児童の一般的な皮膚損傷は主に擦り傷や切り傷や裂傷傷、押し合い、負傷、傷や焼きやけどなどによって皮膚の破損部位や程度、講じるべきな処理方法が違い .

擦り傷/擦り傷

擦り傷

擦り傷の擦り傷は表皮が怪我して、傷は普通は比較的に軽いです.には淺い、面積が小さい傷口、使用ヨードフォア、アルコール塗り傷口週囲の皮膚、そして塗っ抗菌軟膏、または暴露、または清潔なガーゼ包帯を消毒して、小さい傷口も貼る絆創膏.擦り傷面積が大きく、傷口に汚物がついて、生理食塩塩水で傷口を洗い流してはならない.生理食塩水利用できなかったら、きれいに洗い流して傷口清水で、そしてヨードフォア塗り傷や週囲の組織、抗菌軟膏を塗る.

裂傷

小さい裂傷、もし無明らかに出血して、傷口を塗ってきれいで、外でヨードフォアで、そしてガーゼ包帯を貼る絆創膏や消毒.については明らかに出血の大の裂傷、切り傷や顔の傷は、上述の方法に予備処理後にすべきは直ちに病院まで診察診察を行う外科、早く清創縫合、感染の機会を減らす.

p>込ん<打ち傷や傷

p>もし子供<重量打ち傷あるいは混ん傷後、が軽度の皮膚の赤い腫れの痛み、皮膚の破損は、まずしばらく観察し、必要がない処理.もし打ち傷後に皮膚が破損、擦り傷を処理します;もし皮膚が破裂する紫、甚だしきに至っては痛みが激しい押し合い重度の打ち傷や傷などは、提案を早く病院まで診察を受け.

Pは刺傷

で刺されて<>