前立腺炎と夫婦生活

みんなの知っているように、過度の性生活は前立腺炎を誘発することができます。ですから一部分の前立腺炎患者は夫婦性生活を厳しく節制します。またはセックスを全然しません。実は、この考え方はあまり正しくありません。これは前立腺炎の治療によくないです。逆に前立腺炎の症状をひどくします。

前立腺液の排出

まず前立腺炎症が発生する時、前立腺液内に病原体と炎症細胞がたくさんあります。もし性生活をしなければ、前立腺液は腺泡内に集まって、外へ排出できなく、病原体はどんどん繁殖して、有効な薬物を服用しても、満足の効果を取れません。

陰茎の勃起と前立腺の充血

次は前立腺液は外へ排出できない男性と長期射精しない成年男性は下腹部に腫れる感じがします。物を外へ排出したい感じが強いです。もしこの肿れ感じが解消できなければ、陰茎の勃起と前立腺の充血を引き起こして、前立腺炎の症状をひどくします。

前立腺の平滑筋を収縮

また性生活中、射精をすることで、前立腺の平滑筋を収縮できます。前立腺液は尿道に入ることを促進します。尿液の排出にしてがって、前立腺液は排出できます。

夫婦関係

最後は長期性生活を行わないと、性冷淡と性機能不全を起こしやすいです。夫婦関係と子供作りに影響します。

ですから性生活をやめることは前立腺炎患者にとってよくないことです。患者は自分の年齢、性欲および健康状況に基づいて、適度な性生活を行った方がいいです。頻繁しない一方で禁欲しません。適度な性生活あるいはオナニーは前立腺を害するではなく、逆に前立腺の正常な新陳代謝を維持することができます。しかも前立腺内有害物質を徹底的に取り除いてそして局部の血行を加速します。前立腺機能の回復と炎症の消退に有利です。同時に夫婦感情を親しくする重要な措置です。