前立腺健康のために、食事で気をつけること

規則正しい食生活、バランスのとれた食事が予防につながります。
乳製品や脂肪の摂取量の多い国(ニュージーランドやアメリカなど)は罹患率が高く、欧米では前立腺がんが男性にもっとも多いがんです。近年日本や韓国で急増しているのは、食生活が欧米型にシフトしていることも関係していると言われています。欧米型の動物性脂肪を多く含んでいる高タンパク・高脂肪の食生活が、がんの危険を高めていると考えられています。
欧米の中でもイタリア・スペインでは罹患率は低い調査結果が得られています。イタリア・スペインではトマトよく摂取しますが、トマトに含まれるリコピンが前立腺がんの予防に寄与しているのではないかと思われています。
つまり、がんは動物性の高脂肪・高コレステロールの食事をとり続けると発症しやすくなると考えられ、逆に脂肪の多い食事はひかえ野菜や魚・繊維・穀物・豆類を中心とした食事が予防効果があるといわれています。
「和食」は前立腺がんの予防因子
欧米に比べてアジアの罹患率が低いのは、アジア圏で多く摂取される大豆が関係しています。
大豆に含まれるイソフラボンには前立腺がんを抑制する効果が高いことがわかっています。
とくに、日本食には欠かせない豆腐や味噌・醤油・納豆など。大豆にはさまざまながんに対する予防効果が期待されています。
ポリフェノール類を含む大豆イソフラボン・クルクミン・リコピン・カテキンは酸化ストレスを防ぎます。ほかにはビタミンCを多く含む緑黄色野菜、抗酸化作用の高いリコピンを含むトマトなどもよいといわれています。

シアリスで活力全開! | EDを治療する薬