前立腺がんの特徴

近年では、日本でも前立腺がんの罹患数が増加してようです。

調査によると、前立腺がんにかかる人数は、1年間で男性10万人中104人程度です。これを年齢別にみると、40歳代で約2人、50歳代で約40人、60歳代で約210人(470人に1人)、70歳代で約490人(210人に1人)、80歳以上で約520人(190人に1人)となります。

前立腺がん罹患数は今後も増加が予想され、2020年以降は1位になると予測されています。50歳代から現れ始める、高齢男性にみられるがんです。

前立腺がんは50歳代から急速に増え始め、発生の平均年齢が70歳といわれるくらい高齢の男性にみられるがんです。前立腺がんは加齢により男性ホルモンのバランスが崩れたり、前立腺の慢性的炎症、食生活や生活習慣などの要因が加わって発生するといわれています。

初期には自覚症状がほとんどないので注意が必要です。前立腺とは膀胱の下にあり、尿道を取り囲んでいる男性のみにある臓器です。

前立腺がんの多くは、尿道や膀胱から離れた場所に発生します。そのため、初期には自覚症状がないことがほとんどです。がんが膀胱や尿道を圧迫して、何らかの排尿に関する自覚症状が出た段階でがんが発見された場合には、かなり進行していることが多く、約50%の人ではすでにがん細胞が骨やリンパ節に転移してしまっています。

前立腺がんの治療を効果的に行うためには症状が出る前にがんを発見することが非常に大切で、そのためには検診などで定期的にPSA(ピーエスエー)検診を受けることがもっとも近道です。

一般的には、前立腺がんは発がんしてから臨床的ながんになるまで、40年近くかかるといわれるほど成長速度が遅いがんです。前立腺がんは病気の進行程度により3つの病期に分類されますが、初期の段階には自覚症状がありません。

以前は骨の痛みなどで初めて気がつく場合も多く、診断がついた時にはすでに進展がんや転移がんとなっている人が7~8割にのぼっていました。最近はPSA検査の進歩でこういった進行したがんは減ってきています。