元官僚:食問題解決前立腺できない不安が政府締めるバネ

一連の食不安だ政府部門は関連問題事件は有効的に解決し、1度のフォーラムの中で、かつて勤める政府部門の会議に出席する学者が統合政府部門,緊密協調の仕事、執行効果の評価も選手兼審判の問題ですが、しかし、以前の他の重要な政策にはこれらの問題を避けることができるに見える効果、丸い卵も切りようで四角 物も言いようで角が立つ,当面の役人は苦い経験は確かに執行する.

「台灣大学フォーラムで食は安心?」の中で、前の衛生署長、現中央研究院の副院長の陈建仁指摘して、数年来多く食安問題、監査院をしばしば行政単位、行政単位として含む予算が増えるとスタッフ、そして国境検査を確立し、次世代の教育食安観念、部門統合と新成立選択単位など、行政院も副院長の序列の食品安全会報,前立腺、産官学研も参加し、政府の仕事本当にそうで、実際に実行効果とは、いつまでも不安が食問題で相次いで、明らかに政府の予防措置実施できないので、頭痛医頭痛い医足.政府は、政府は部門の実行力が依然として弱いPは実行の効果がカギとなると考えている
.行政院の鳥インフルエンザの予防と治療の会報を例にして、当時の鳥インフルエンザの間、行政院の予防と治療の会報はじゅういちの部会参加ごとに2回会議が監視、月曜日に報告、各部会の実行結果賞罰、こんなに密集で注視を発揮して成果が、2003年から2008年には何の事例が、現在のような食安会報半年やっと開一回はあまりにも長く、もし比較を続けても、一年べきは成果が出る.前食品管理局長、現職の薬毒物学研究所教授康照洲は、丸い卵も切りようで四角 物も言いようで角が立つ、彼は当時勤め行政院が二つの仕事の会報と薬を食べて局関係が、それぞれの政務委員を分管.その取締粗悪偽薬会報に当時の政務委員张进福会議を分けて、毎週、三年続き見てたが、もう一つの腹黒製品会報が担当の政治委員がサラサラ管理、効果がありません.