また1年、また1回の前立腺夢

いつか、自分の意思力がいいと思う、我慢して、これまでだ.振り返れば、私はまた私の考えを感心させざるを得なかった、あのような、無邪気な考え方
.

また一年で、私は再び茫然とした.自分の立ってどんな目標を立てて、この目標はまた実際、茫然、どのようにすることを知りません.

Pは、帝王の生涯を述べるというPのインスピレーションの時に、一曲の歌を書く.書くことは知らない、それは同級生に共有する.彼女たちはすべて悪くないと言って、とても詩情、私はどうしてこんな詩があることを聞いて.霊感が来て、このように書きました.その時はまた茫然とした:私は後にどのような身分でこの社会に立脚することを開始して.私は自分の未来を計画して、一回見る後、とても現実的で、またとてもホロウです.虚はどこにいて、それは資本です.生活が現実,現実は真実ではない.

ない数日は期末試験、思いついたあのいくつの晩の徹夜奮闘;あとは正月、親戚訪問し、お年玉を語るの学習は、毎年のように、それだけ;休み数日後には入学して、それから一生懸命の奮闘目標がはっきりして——大学.そして?そして夏休み、2月の多い時間は無駄に使うのか?それはぜいたくだ.アルバイトをする.学校、大学、大学、大学の生活を開始するには大学の生活を開始する.

p 1年の長い時間は長くて、また短い.忙しさの人にとっては、人生の道というのは、人生の道ということです」.私は私にとって、何かに属していることを知りません.

私は、私がはっきりしている時,私はすでに長い時間が経って、私は甚だしきに至ってはまだ自分ではありません.

pは無知、無力、茫然と、道中のぎくしゃくが躍って、道中の探しは探して.でも、親愛なる君、あなたは私の身の回りにいない.援助の手はない、自分の両手で支えて、自分の足で歩いていくことしかできない.

pはまた一年夢,前立腺、以前のいろいろ、明らかになるのかな?知らない.まだ私にはいない私、どんな気持ちですか.ある時、自分は自分でまだ2、智能2、智能はそんなに熟していることを感じていて.錯覚してますか?本当に私には向いていないようにしてほしいです.

p 1年また1年で、また1回の夢です.その夢を見続け、自分の夢が実現できると願っています.しかし、それはどんなに大きな遠大でもある.親愛なるあなた達、私の身の回りにして下さい!こんな力こそ私が欲しいのです!